排水口をつまりは予防が大事

drain-port1

排水口がつまった時、修理費用がどれくらいかかるのか想像して青ざめてしまったことはありませんか?
そんなことにならないために、排水口がつまらないように日々の予防にいそしみましょう。
小さなことの積み重ねで排水口のつまりは防げます。
今回は排水口のつまらせないための予防法についてお伝えしていきます。

排水口をつまらせない使い方とは

排水口を詰まらせないように使うためにはどうすれば良いのでしょうか。
排水口はゴミや汚れが流れて排水口内に張り付きそれが蓄積されることでつまってしまいます。
そうならないためにできる対策を行なっていきましょう。
下記に書いていることの中から一点一点確認していきましょう。

定期的に薬剤で掃除をする

排水口がつまってしまう前に、数ヶ月に一度定期的に薬剤の液体パイプクリーナーを使うようにしましょう。
排水口は毎日使っていると、油汚れや食材のゴミ、洗剤カスなどが少しずつ排水口にたまってきてしまいます。
詰まる前に定期的に汚れを取れやすくすることで、つまらせることなく末長く排水口を使い続けることができるでしょう。

温かいお湯を流す

排水口を詰まらせないためには、温かいお湯を流すようにしましょう。
排水口を流れる油よごれや、食材のゴミや洗剤カスの汚れを落とすために温かいお湯を流すようにしましょう。
温かいお湯を流すことで排水口の汚れが柔らかくなり、流れて排水口がつまりにくくなります。
毎回食器洗いの時などはお湯を使い流すようにすると詰まりにくくなるでしょう。

ドロドロした汚れを排水口に入れない

排水口をつまらせないためには油や粘り気のある汚れをできるだけ流さないようにしましょう。
油は熱い状態だと液体ですが、冷えると固まり固体になってしまいます。
粘り気のある汚れも流しても排水口の内側にへばりついて内部にくっついてしまいます。
日々油や汚れの層が重なって排水口の通り道を狭くさせていくので、排水口に油や粘り気のある汚れを流さないようにしましょう。

排水口の匂いを防ぐための予防とは

排水口はつまり以外にも悩みが発生しやすい場所です。
つまり以外にも悩ましいことの一つに排水口の臭いがあります。
下記から排水口の臭いの予防法を詳しくお伝えします。

アルミホイルを使用して対策する

アルミホイルを利用することで排水口の匂いを抑えることができます。
アルミホイルは銀イオンを発生させて嫌な臭いやぬめりをなくしてくれます。
排水口掃除の時に割り箸や木の棒に巻きつけて掃除に使う場合や、排水口のゴミ受けカゴに丸めたアルミホイルをいれておくだけでも、ぬめりや汚れがアルミホイルに反応し臭いを抑えてくれるでしょう。

重曹スプレーを使って掃除する

排水口の匂いを取り除くためには重曹スプレーを使うと効果があります。
排水口の匂いの原因は排水口の汚れやぬめりの場合が多いです。
この汚れやぬめりを取り除くために重曹スプレーを作り、気がついたら排水口にふりかけるようにすると、汚れを落とし臭いが抑えられるでしょう。
重曹スプレーの作り方はネットで探すと載っているので探して作りましょう。

定期的に掃除をする

排水口は日々様々な汚れが流れ込む場所です。
臭いを発生させないためには定期的掃除をして臭いの元を取り除くようにしましょう。
汚れやゴミを放置すると雑菌や腐敗の原因になるので、ごみ受けカゴにごみが溜まったらネットをこまめに取り替えて、汚れが残らないようにしましょう。
小さなことの積み重ねで排水口の臭いは無くなりますので続けてみましょう。

まとめ

今回は排水口を詰まらせない予防法についてお伝えしました。
今回紹介した方法はどれも簡単なので、定期的に行うようにすると排水口の詰まることはまず、なくなるでしょう。
気持ちよくキッチンを使えるのは生活する上で大切なことです。
ぜひ予防法を試してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする