排水口つまりの修理は自力と業者どっちがいいの?

drain-port2

突然、排水口がつまってしまったらあせってしまいますよね?
排水口の詰まりは自力で治せる場合と業者でなければ直せない場合があります。
今回は、排水口の詰まりを自力で直す場合と業者に頼む場合を比較して紹介していきます。

自力で直す場合

自力で直す場合はパイプクリーナーや重曹、ラバーカップやペットボトルなど、簡単に購入できる道具を使いつまりを直すことができます。
自力でつまりを直すことができたら、いちいち排水口のつまりを不安に思う必要も無くなるので、やり方を知っておくだけで手間もかからず重宝しますし、一生役立ちます。
それでは排水口の詰まりを自力で直す方法についてのメリットとデメリットについてみていきましょう。

良い点

自力で直す場合のメリットは、1番は費用が安く済むことです。
自力でつまりを直すときに一番手軽な方法はペットボトルや雑巾を使って直す方法です。
ペットボトルや雑巾は家にある場合が多いのでお金がかからずつまりを解消させることができるでしょう。
また、パイプクリーナーや重曹を使用し、つまっているゴミを柔らかくして溶かしたり流したりする方法もありますが、パイプクリーナーや重曹はホームセンターやドラッグストアに売ってあるので、近くのお店で購入すれば簡単に手に入ります。
価格もパイプクリーナーは1000円前後、重曹は100〜500円程度で比較的安価で販売しています。
自力で直す場合は、時間も自由にいつでも直すことができます。
普段、仕事や育児で時間の余裕がない人は自力で直すほうが試しやすいでしょう。

悪い点

逆に、自力で直す場合のデメリットは、自力で修理したときに、完全に直るかどうかがわからないことです。
家にある道具や、購入したパイプクリーナーを使用しても直せない場合が生じることもあります。
その場合は、自力で直すことを諦めて業者に依頼することになるでしょう。
自力で直す場合は、自力でつまりを直せるかどうか判断することが必要です。

業者に頼む場合

業者に頼む場合は確実に直ると思っていいでしょう。
ですが、業者に依頼する場合に、一番気になるのは費用に関してだと思います。
排水口が詰まって業者を呼ぶのは一生にそう何度もあることではありません。
費用も相場がよくわからずに不安に感じる人も多いでしょう。
それでは、排水口のつまりを業者に頼んだ場合のメリットデメリットを見ていきましょう。

良い点

排水口のつまりを業者に依頼したときのメリットは、何と言っても確実に直ると安心できることです。
多くの場合、水道修理業者の修理は手慣れているため、とても早く直してもらえます。
時間がなくて今日中や明日中に直してほしい人にとっては、好都合な方法と言えます。

悪い点

業者に依頼したときのデメリットは、費用がどれくらいかかるかわからないことです。
大体は自力で修理する場合より高くつくことは当然のことでしょう。
また、業者に依頼して修理してもらったとしても、早く治らない場合もあります。
例えば排水口の劣化で全て取り外して交換することも少なからずあるので、その場合は時間がかかってしまうでしょう。
ですが、作業が大掛かりになったとしても業者が作業を進めてくれるので自力の場合より早く直ることが多いです。

まとめ

今回は排水口のつまりの修理を「自力で行う場合」と「業者に頼む場合」で比較しました。
自力で直す場合は、自力で直せる状態なのかを見極めて修理にチャレンジする必要があるでしょう。
自力で直せると思って、道具を準備して修理して見たが直らなくて結局業者に頼んでしまうと、お金と時間が二重にかかることもあります。
業者に頼む場合は、インターネットで修理の費用を調べてから頼む方ができるだけ修理費用を安くすることができるでしょう。
また、完全に排水口がつまる前にパイプクリーナーを使うなどの対策を行うことも修理の費用をできるだけ少なくする方法です。
排水口がつまったときは状況を判断して、そのときにあった方法を試して見ましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする