目的別の排水口つまりを直す方法

drain-port3

排水口がつまったら自力で直す方法が様々あり、いったいどの方法で修理したらいいのかわからないと思うことはありませんか?
そんなときのために、今回は目的別に排水口のつまりを直す方法をお伝えしていきます。

身の回りにあるもので直す方法

排水口の詰まりは家にあるもので修理する方法があります。
身近なものを道具にすれば修理費用は驚くほど安くできますし、すでに家にあるものだとタダで修理することができるでしょう。
それでは身の回りにあるものを使って直す方法を確認しましょう。

ペットボトルを使う

どこにでもあるペットボトルを使用してつまりを直す方法です。
つまりが気になるときは決まって夜中だったりすることもあり、お店が開いてなかったり今から出かけるのが難しい場合もあるでしょう。
そんなときに家にあるペットボトルを使用してつまりが解消できたら費用もかからず嬉しいですよね。

雑巾を使う

排水口の詰まりは古い雑巾やいらない布を使っても解消できます。
雑巾を使う方法は物理的な力を加えて排水口で詰まっているゴミを取り除く方法です。
やり方は簡単ですので、詳しくやり方が載っているサイトを探して行って見ましょう。

費用を安く直す方法

排水口のつまりの修理にお金をかけるならできるだけ安くしたいですよね。
修理したいけど家の中に何もない場合は、とりあえず道具をよういしなければ直すことができません。
それでは、できるだけ安い費用で揃えられる道具をご紹介します。

重曹とクエン酸を使う

重曹とクエン酸は排水のつまりに効果を発揮します。
重曹にクエン酸を混ぜてお湯をかけると化学反応を起こし泡が発生して、その泡が排水口の詰まっている油汚れを浮かし、剥がれやすくしてくれます。
重曹は、手軽に買えることから、普段の掃除でよく使っている方も多いと思います。
わたしも掃除道具を買うときに掃除用洗剤より重曹の方が安く手に入るのでよく使って掃除をしています。
重曹はドラックストアやホームセンターで100円〜500円、クエン酸は同じくドラックストアやホームセンターで300円〜600円、で購入することができます。
二つ合わせても1000円前後又はそれ以下で購入できるのでお金がなくても試す気持ちでチャレンジしやすいでしょう。

手を汚さずに直す方法

排水口の詰まりを解消するには手をできるだけ汚さずに解消させる方法もあります。
そんなこと出来るのか不思議に思うかもしれませんが、あくまで筆者が行ったときにはかなりの確率で手が汚れなかったので、今回はその方法を紹介したいと思います。

パイプユニッシュを使う

パイプクリーナーを使った方法は手を汚さずにつまりの修理をすることができます。
パイプクリーナーは汚れを落とすというよりも、汚れを溶かして分解させてくれるので、普段使っている洗剤よりも何倍も強力な薬剤です。
手や皮膚を分解できる力を持っているので、使用する前はボトルに記載の説明文をよく読み、ボトルから決められた量を排水口に注ぎます。
このとき手につかないように、軍手やゴム手袋をして排水口にパイプクリーナーを撒いてしまえば、あとは時間を置いて水で流すだけです。
手が汚れないので、楽につまりを解消させてくれます。

短時間で直す方法

排水口の詰まりを短時間で解消させる方法もあります。
今日中や明日までに直してしまいたい場合などの有効な方法です。
それでは詳しく見ていきましょう。

業者を呼ぶ

短時間で排水口のつまりを解消させる方法は、ずばりプロに任せることです。
時間がなく早く排水口のつまりを修理したい場合はお近くの水道業者に依頼しましょう。
業者に頼むとほんの数分で直してもらえることが大半のようです。
まれに、排水口つまりの被害が大きいと大掛かりな工事になってしまいますが、それでも自力で直す場合より早く終わらせることができるでしょう。
はやくつまりを修理したい場合は水道業者にお願いしましょう。

まとめ

今回は目的別の排水口つまりを直す方法をご紹介しました。
目的によって様々な方法を選択できることがわかったと思います。
今の状況に合わせて、最善の方法を選び、排水口つまりが解消できるように行動して見ましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする